忍者ブログ

携帯電話メールデータ復旧の仕方

携帯電話のデータを復旧するにはどうするか? 自分で解決できるもの、できないものは?





 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

携帯電話データ復旧率を上げるために注意しておきたいことをご説明
致します。

携帯電話が水没して壊れてしまった場合に注意しておかなくては
いけないことなんですが、携帯電話が水没してしまったら、まず電池を
すぐに取り外して下さい。

電源OFFではいけません。電源OFFにしても、水没携帯電話では
勝手に電流が流れているケースが多くあるためです。

また、当然ですが電源ONと充電は絶対にしないで下さい。
これをしますと、データが飛び、復旧できなくなります。

次に、携帯電話を軽く振って水分をとばします。

逆に海水や、再処理水などの中に水没してしまった場合は、至急水で
洗って下さい。

皆さんご存知の通り、食塩水は電気をよく通すためです。また、酸化
を防ぐ目的もあります。再処理水も水に混じっている異物が問題と
なります。

真水であれば問題ありません。水道水も塩素が混じっておりますが、
海水よりは良いのです。

水没した携帯電話にあせって電源を入れた時、よくあるパターンと
しましては、電源を入れてすぐは入っているのですが、しばらくすると
勝手にOFFになるというものです。

このパターンでは、携帯電話はもう完全にやばい状態ですので、
上記に記したことを徹底して下さい。

このような携帯電話で通電を繰り返しますと、完全に復旧不可となって
しまいます。

ドライアーや自然乾燥で、携帯電話内部に入り込んだ不純物を
取り除くことはできませんので、バッテリーを取り外した後は、
速やかに信頼できるデータ復旧業者に依頼するようにしましょう。

とにかく、水没後、データ復旧業者での処置が早ければ早い程、
データを救い出すことができます。

火災に会った携帯電話も通電はNGです。

携帯電話は、間違っても分解作業を行わないで下さい。素人が
分解するのは、全く無駄な行為です。むしろ、携帯電話にとどめを
刺すことになります。

データ復旧業者が携帯電話を分解修理する際には、通常クリーンルームを
使います。それだけ、デリケートだということです。

絶対にお客様がシールド(ケース)等の開封は行わないで下さい。

PR

Copyright © 携帯電話メールデータ復旧の仕方。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]
プライバシーポリシー
携帯電話メールデータ復旧の仕方 のトップへ